相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続Q&A > 相続放棄とはどのような場合に行いますか?

交通事故示談Q&A

Q. 相続放棄とはどのような場合に行いますか?

Q: 相続放棄とはどのような場合に行いますか?

A: 相続は、被相続人の財産に属した一切の権利・義務を引き継ぎます。しかし、被相続人の死亡により、被相続人が借金ばかり残していたような場合には相続人にとって不利益な状況に陥ります。民法はこのような状況があることも考慮に入れ、相続人にいったん発生した相続を承認するか放棄するかの自由を認めています。具体的には、家庭裁判所に申し立て、プラスの財産もマイナスの財産も引き継がないという、相続放棄をする方法があります。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報