相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続Q&A > 被相続人への生前の貢献に対して、相続には寄与分というものがあるとききましたが、 詳しく教えてください。

交通事故示談Q&A

Q. 被相続人への生前の貢献に対して、相続には寄与分というものがあるとききましたが、 詳しく教えてください。

Q:被相続人への生前の貢献に対して、相続には寄与分というものがあるとききましたが、詳しく教えてください。

A:相続人間の公平な相続を図ることを目的に、寄与分というものが民法で定められています。被相続人(亡くなった人)の財産維持や資産増加に特別な貢献をした相続人に対して、法定相続分とは別に、被相続人の遺産の中から、その貢献度を考慮した相当額の財産額を認めるようにした制度です。寄与分を認めてもらうためには、「共同相続人であること」「被相続人の財産維持・増加があること」「特別の寄与であること」の条件を満たす必要があり、実務上は寄与分が認められることは比較的難しくなっています。もし、相続人間で協議がまとまらない場合には、家庭裁判所の調停や審判もしくは訴訟によって定めることになります。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報