相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続Q&A > 生前贈与を受けている場合、相続に影響はありますか?

交通事故示談Q&A

Q. 生前贈与を受けている場合、相続に影響はありますか?

Q:生前贈与を受けている場合、相続に影響はありますか?

A:被相続人の生前に財産を譲り受けているときや、遺言によって遺贈を受けている場合は、公平な遺産分割を行うために、斟酌する必要があります。このように、相続分の前渡しを受けた場合は、民法上「特別受益者」として、相続分が減額されることになります。

被相続人が生前贈与・遺贈をする際に、相続とは関係ないとの意思表示があった場合は別扱いで、その遺志が優先されます。この場合、他の相続人の利益は上述した「遺留分制度」によって図られることになります。民法上は、「遺贈を受ける場合」「婚姻、養子縁組のための贈与を受ける場合」「生計の資本として贈与を受ける場合」が「特別受益」とみなされます。特別受益者は、その受益分を一度遺産と加算して、その総額について法定相続分の割合により財産を分けた後に、特別受益分をこれから引いて遺産を分けることになります。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報