相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続Q&A > 相続人としての資格を喪失することはありますか?

交通事故示談Q&A

Q. 相続人としての資格を喪失することはありますか?

Q:相続人としての資格を喪失することはありますか?

A:本来ならば相続人となる者であっても、以下のような不法行為をした人は相続欠格といって、相続権を喪失します。

・被相続人を故意に死亡させた、または死亡させようとして刑罰を受けた者

・自分より上位の相続者を故意に死亡させた、または死亡させようとして刑罰を受けた者

・相続人が殺害されたことを知りながら告訴告発しなかった者

・詐欺・強迫により被相続人に遺言を残させたり、遺言を撤回・取り消し・変更させた者

・詐欺・強迫により被相続人が遺言を残させたり、遺言を撤回・取り消し・変更するのを妨げた者

・遺言書の偽造、変造、破棄、隠匿をした者


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報