相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続Q&A > 遺言は,いつ残すべきものなのでしょうか?

交通事故示談Q&A

Q. 遺言は,いつ残すべきものなのでしょうか?

Q:遺言は,いつ残すべきものなのでしょうか?

A:
遺言は死期が近づいてから残すものではありません。いつ何時、何があっても、残された家族のために配慮を持つということが、遺言を作成しておくということなのです。

遺言は,正確な判断力を持っているうちは、死期が近くなってもできますが、判断能力が衰えれば正当な内容の遺言は残せません。元気なうちに愛する家族のために遺言を残すということも考えるべきでしょう。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報