相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続Q&A > 遺言書を作成した後に、事情が変わって遺言の内容を変えたいと思っています。どうすればよいですか。新たな遺言書に対して、前の遺言書の効力はどうなりますか。

交通事故示談Q&A

Q. 遺言書を作成した後に、事情が変わって遺言の内容を変えたいと思っています。どうすればよいですか。新たな遺言書に対して、前の遺言書の効力はどうなりますか。

Q:遺言書を作成した後に、事情が変わって遺言の内容を変えたいと思っています。どうすればよいですか。新たな遺言書に対して、前の遺言書の効力はどうなりますか。

A:遺言はその人の「最後の遺志」をあらわすものです。ですから、最後に作成した遺言書が当然有効となり、それ以前に作成された遺言書は無効になります。そのため遺言に記された日付がとても重要なものとなります。遺言の内容を変更したときは、訂正箇所に押印するだけではなく、遺言書の末尾に訂正箇所を記載して、日付も記して押印することが必要となります。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報