相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続関連ニュース > 45年間二重戸籍 えびの出身女性、相続で発覚

交通事故示談関連ニュース

・ 45年間二重戸籍 えびの出身女性、相続で発覚

報道によると、えびの市の戸籍事務の手続きミスにより、同市出身で兵庫県尼崎市在住の70代女性が約45年間にわたって両市で"二重戸籍"状態にあったことが1日の市臨時議会で明らかになった。このミスで女性の弟に対する損害賠償が生じ支払いを済ませたとして、専決処分が報告された。女性に対しては、市は文書で経緯を説明し謝罪した、としている。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報