相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続用語辞典 > 準確定申告(じゅんかくていしんこく)

交通事故示談用語辞典

準確定申告(じゅんかくていしんこく)

故人の確定申告は、相続人が、1月1日から死亡した日までの所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をしなければならない。

これを準確定申告という。申告期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内で、法定相続人が2人以上いる場合は、同一書類で連署により税務署に申告する。

準確定申告をしなければいけないのは、被相続人が以下のどれかに当てはまる場合である。
 1:被相続人が2カ所以上から給与を得ていた
 2:被相続人の給与所得が2000万円以上であった
 3:被相続人に給与所得、退職所得以外の所得が20万円以上あった
 4:被相続人が同族会社の役員や親族などで、給与の他に貸付金の利子、家賃などを受け 取っていた
 5:相続人が個人事業者だった


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報