相続相談ナビ
HOME > 遺言・相続用語辞典 > 死亡退職金(しぼうたいしょくきん)

交通事故示談用語辞典

死亡退職金(しぼうたいしょくきん)

被相続人である勤労者の死亡後、3年以内に支給が確定した退職手当金等のことをいう。死亡退職金は、相続開始時に被相続人が所有していた財産ではないが、相続人が受け取ることができるものであることから、「みなし相続財産」として相続税の課税対象となる。

ただし、残された遺族に対する保障のためのものでもあるため、全相続人が受け取った退職手当金等の合計額が、非課税限度額(=500万円×法定相続人数)以下の場合には課税されず、この限度額を超える部分についてのみ相続税の課税対象となる。


弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談ナビ
手続きスケジュール
/[1]「相続相談ナビ」で無料相談する
/[2]専門家に依頼する/[3]弁護士が資料収集・聞き取り調査
/[4]相続分の計算

Y-sch
相続相談ナビ・携帯サイト
下のQRコードを携帯で
読み取ってご覧下さい。

QRコード
相続相談ナビ携帯サイトのアドレスを
携帯に送る

弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 相続相談
ナビ
新着情報